>>トップページへ戻る<<

包茎治療・包茎手術の男性専門クリニック

これまでにABCクリニックへ寄せられたご相談内容とご質問の一例です。
お問い合わせ、ご相談の前に一度チェックしてみましょう。
Q.包茎治療にはお金がすごくかかりますか?学生なのでお金があまりありません。でもきちんとした治療を受けたいのです。

A.ABCクリニックでは、費用に関しまして、明確で納得のいく費用設定で最適な治療のご提供を心がけております。
事前に手術内容の説明と治療の必要性、現在の状態をきちんと患者様にご説明します。
また、包茎治療の知識の豊富な医師が治療しますので、安心して治療に望んで頂けます。 患者様のご都合に合わせたお支払いをしていただくために、各種お支払い方法をご用意しております。 期間限定キャンペーンも行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
Q.仮性包茎は早漏になりやすいと聞きました。仮性包茎は早漏に関係ありますか?

A.通常時、被っていると亀頭が覆われて保護されている状態ですので、外部の刺激になれていない為、セックスの時の刺激に敏感になってしまう傾向があります。 余分な皮を切除する包茎手術で、早漏の改善も期待できると考えられています。
また、早漏は個人によって、その理由・見解がまちまちです。それに対処する治療法も、適合有無が発生します。詳しくは今の状態をご相談ください。
Q.仮性包茎の手術は、年齢関係ありますか?いくつまで治療が可能ですか?

A.成長期が終る以降なら治療が可能です。
実際に50代になられてから、来院される方もいらっしゃいます。
成長期までは、ペニスも成長しますので、その間の治療はお薦めいたしません。手術のタイミングの時期はお客様の事情もございます。
包茎をそのまま放置しておくと、恥垢がたまり、皮の被っている部分に雑菌がたまりやすくなります。不潔な状態になりますので、病気や悪臭の原因となる場合もあります。
また、年頃になってコンプレックスになってしまう場合もあります。恋愛や結婚の時期に女性に対して積極的になれないのは残念ですね。
そのような場合は、どうぞご相談ください。
Q.相談にはお金がかかりますか?

A.相談にはお金は一切かかりません。
またカウンセリングには、ベテランの男性スタッフが対応致しますので、安心してお悩みをご相談ください。 ABCクリニックのサイトには、パソコン・携帯電話からご利用いただける無料相談メールもございます。
お客様お一人お一人に、できる限り早いご返答を心がけております。
Q.一般的にかかりやすい性病を教えてください。

A.一般的に、クラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、梅毒が三大性病と言われております。
近年では若年層(16歳-25歳)での感染も急増しています。
その他ヘルペス、尖圭コンジローマも増えています。
Q.どんな状態であれば、ワキガ治療を行うほうが良いですか?

A.神経質になりすぎないことも大事ですが、匂いが気になってそれがコンプレックスになってしまうのも残念なことです。
ワキガの臭いが非常に強く、自分と他人に不快感を与えることが多いと感じるようなら、考えた方が良いかもしれません。
分泌物が多く、衣服のわきの下にシミを作ってしまうのも、治療をご検討いただく際の一つの要素になるかと思います。
ABCクリニックでは、お電話でのカウンセリングのご予約、あるいは弊社サイトからご予約頂くことが可能です。是非一度、ご相談またカウンセリングにお越し下さい。
Q.亀頭を大きくするために入れる薬や、シリコンの副作用は?

A.亀頭増大のための手術は主に下記の通りです。
1)直径6~8ミリのシリコンボーエウを陰茎に複数個埋入する手術。
2)シリコンリングを陰茎包皮に埋没する手術。
3)ヒアルロン酸、コラーゲン、ダーマライブ、アクウアミド、自家脂肪などを亀頭や陰茎に注射する手術です。
シリコンボールには安全性の高い医療用シリコンを使用しており、それ以外の手術方法でも、副作用は報告されていません。
Q.EDとはどのような状態のことですか?

A.ED(インポテンツ)とは男性性器の勃起機能の低下により満足な性交が行えない状態を言います。
陰茎がたちにくい、硬くならない・・、などの症状のお悩みのご相談を多く頂いております。
気になる点がありましたら、まずは専門的な知識の豊富なABCクリニックへお気軽にご相談下さい。
Q.電話で包茎治療の相談ができますか?

A.はい、お電話での包茎治療のご相談も可能です。
経験豊富なカウンセラーが電話口にて、簡潔に対応させていただきます。
ですが、お電話では伝わりにくい部分もありますので、より詳しいご相談は来院いただいて、直接アドバイスさせていただきます。
是非お電話、あるいは弊社サイトからご予約の上、ご来院下さい。お待ちしております。
Q.包茎とはどのような状態のことですか?

A.包茎には「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」と種類があり、それによって症状も異なります。
手で包皮をめくっても痛み、裂傷、出血を伴わないのが仮性包茎です。
陰茎の包皮が亀頭に常に被さっていて、めくると痛みや裂傷を伴う状態が真性包茎です。
包皮を長時間無理に捲った結果、痛くて元に戻せないのがカントン包茎です。
包茎については、特に多くお悩みのご相談を頂いております。
詳細については、ご来院での診断となりますので、是非気になる際にはご来院ください。
ページトップへ
包茎治療・亀頭増大・長茎術について、
あなたのお悩み、疑問点など
ABCクリニックにお気軽にご相談下さい!!
メールでのご相談はこちら
カウンセリングのご予約はこちら
各院フリーダイヤル一覧はこちら

包茎治療・包茎手術

確かな技術で患者様のお悩みを解決!
包茎治療・包茎手術について
包茎とは?
真性包茎
仮性包茎
カントン包茎

男性器の強化・改造

男のレベルをグングンアゲル!
亀頭増大・陰茎増大
長茎術
早漏防止治療
シリコンボール・シリコンリング

その他男性治療

総合メンズクリニックとして下記治療も好評です!
ワキガ・多汗症治療
ED治療(勃起障害・不全治療)
STD/性病治療
クリニック紹介
ご予約の流れ
治療費用一覧
よくある質問
未成年の方へ
札幌
仙台
大宮
船橋
新宿
神田
立川
横浜
名古屋
京都
梅田
なんば
神戸
広島
天神
博多
トップページに戻る
プライバシーポリシー| サイトマップ
↑ページトップへ
Copyright ABC CLINIC
All Rights Reserved.